バトミントン大会

4月の下旬に病棟行事としてバトミントン大会が行なわれました。 患者さんたちは準備期間が短いにも関わらず、皆で協力して、誰でも参加出来て楽しめるように手作りで表彰状を作成したり、試合の途中からみても経過が分かるような得点表にしたり、様々な工夫をこらしていました。
大会当日は各チームが一丸となって正々堂々と試合が行われ、清々しい汗をかく事が出来ました。試合の後は「お疲れ様会」が開かれ、その際には患者さん手作りのフルーツポンチも振舞われました。このフルーツポンチの中には森田の庭で収穫された夏ミカンも入っており、適度な甘酸っぱさと収穫の喜びを味わいながら、皆で労をねぎらいました。